イブランスに
ついて

イブランスについて

イブランスのはたらき

CDK4/6(シーディーケー4/6)とイブランス

CDK4/6とは?

  • 正常な細胞は、からだや周囲の状態に応じて、増えたり、増えることをやめたりし、過剰に増殖しないよう制御されています。

  • しかし、がん細胞では、分裂を促すスイッチがいつでもONの状態になっているため、からだからの命令を無視して、1個が2個、2個が4個と倍々に限りなく増殖し続けるようになります。

  • その細胞の分裂を促すスイッチをONにするはたらきのあるたんぱく質の1つがCDK4/6です。

※サイクリン依存性キナーゼ4および6

CDK4/6とは?

CDK4/6に対するイブランスの影響

  • イブランスは、CDK4/6のはたらきを特異的に阻害することで、がん細胞の分裂を阻止し、がん細胞の増殖を抑えるお薬です。

CDK4/6に対するイブランスの影響

TOPへ戻る

なぜホルモン療法薬と組み合わせるのですか?

  • 女性ホルモン(エストロゲン)の刺激を受けて増殖するタイプの乳がん細胞では、CDK4/6のはたらきにより、細胞の分裂を促すスイッチがいつでもONの状態になっています。

  • そのため、イブランスは、ホルモン療法薬(アロマターゼ阻害薬あるいは抗エストロゲン薬など)と組み合わせて使います。

  • イブランスとホルモン療法薬を組み合わせることで、1イブランスによる直接的な作用と、2ホルモン療法薬による間接的な作用が合わさり、3CDK4/6のはたらきが効率的に阻害されて、がん細胞の分裂・増殖がより強力に抑えられると考えられています。

ホルモン療法薬との組み合わせについて

組み合わせるホルモン療法薬(アロマターゼ阻害薬※1あるいは抗エストロゲン薬※2など)は患者さん個々の状態(閉経の状態やこれまでの治療内容など)により異なります。

ホルモン療法薬に関する詳しいことは担当医にお尋ねください。

  1. ※1:

    男性ホルモン(アンドロゲン)から女性ホルモン(エストロゲン)を作るアロマターゼのはたらきを抑えるお薬(飲み薬)です。

  2. ※2:

    女性ホルモン(エストロゲン)のはたらきを抑えるお薬(飲み薬または注射薬)です。